結婚式プロフィールビデオのコメント作りのコツ

結婚式のプロフィールビデオにおいてコメントは仕上がりを左右する重要な要素です。
コメントの作りのポイントやコツをまとめましたので参考にご覧になってみてください!

 

○コメントの最適な文字数

写真とコメントの両方をバランスよく見せることを考慮すると
1行につき15文字程度、2行以内にまとめるのが理想です。
長いコメントでも文字のサイズを小さくすれば画面には収まりますが
文字が小さくなれば視認性は悪くなりますし、
コメントばかりに目がいって肝心の写真を見る暇がなくなってしまいます。

つい忘れがちなことですが
ゲスト方々がプロフィールビデオを見るのは結婚式当日の1度きりです。
初めて見る人でも読みやすいように気を配るのもコメント作りの大切なポイントです。

 

○5W1Hで簡潔に説明

5W1Hとは、いつ(When)、どこで(Where)、誰が(Who)、何を(What)、
なぜ(Why)、どのように(How)という情報を伝える上で重要な6つの要素のことです。

プロフィールビデオの目的の1つは、ゲストに自分達のことを知ってもらうことですね。
どんなふうな子供時代をすごしたか、どこで誰と何をしたのか、なぜそうしたのか、
写真だけでは分からない情報を5W1Hの基本をおさえて簡潔に説明すると
おふたりへの理解がより深まるプロフィールビデオに仕上がります。

 

思うような写真がない場合はコメントでフォロー

小学生くらいまでの写真はあるけど中学高校の写真が全然ない!という方は多いですよね。
そんな時はコメントでうまくフォローしてみてはいかがですか?
例えば「月日は流れてこんなに成長しました」や「あれから10年…」など

コメントで時間の経過をフォローすると、写真の年代にひらきがあっても自然につながります。

新郎新婦のツーショット写真が少ないという方は
それぞれのワンショットにお互いの第一印象や性格の違い、思い出に残る出来事など
ふたりしか知らないエピソードをコメントで紹介するのも良いと思います。

 

いかがでしたでしょうか?
自分の写真にコメントをつけるのは照れくさかったり、簡潔にまとめるのが難しかったりと
コメント作りに苦労する方も多いと思いますが少しでも参考になりましたら幸いです。

 

 

結婚式プロフィールビデオ | 生い立ちビデオ・DVD作成 | EHONICA(エホニカ)